上品なスタイル 優勝 200Km 富士ビクトリー 1973年 スターレット トヨタ レーヴコレクション ミニカー # KP47 : 1,200cc Starlet TOYOTA 久木留博之 37-ミニカー・トイカー

8月10日は、スヌーピーときょうだいたちのバースデー!



一般的に ミニカー ミニチュア カー と言うと お子様の おもちゃ 玩具 といった
イメージで認識され易いですが、こちらの モデルカーは コレクター の方にも十分満足頂ける
ハイクオリティー の コレクター アイテム の逸品です。
メモリアル デー に贈る ギフト プレゼント にも勿論, お部屋の片隅に置くインテリアにもいかがでしょうか。
ご満足頂ける仕上がりのアイテムです。

※離島などへのお届けについては別途ご連絡いたします。

~実車情報~
トヨタ・パブリカスターレット
初代 KP47 型(1973年 - 1978年)
Toyota - Publica Starlet
販売期間1973年4月-1978年1月
デザインイタルデザイン ・ ジウジアーロ
乗車定員5人
ボディタイプ2ドアクーペ 4ドアセダン
エンジン3K 型 1.2L
駆動方式FR
全長3,790mm
全幅1,530mm
全高1,310mm
ホイールベース2,265mm
車両重量755kg

- 自動車のスペック表 -
1973年(昭和48年)4月に2代目パブリカのスポーティーな上級シリーズとして、パブリカ・スターレットの名でデビュー(1,000cc:KP45 / 1,200cc:KP47)。
初代セリカで好評であった「フルチョイスシステム」[注釈 2]にならい、やや簡略化した「フリーチョイスシステム」を採用[注釈 3]していた。
ボディスタイルは2ドアのファストバッククーペで、直線的なエクステリアデザインは曲面主体の当時の日本車にあっては新鮮なものだった。
同年10月、4ドアモデル(ファストバックセダン、1,000cc:KP40 / 1,200cc:KP42)が追加され、トヨタ・スターレットとしてパブリカシリーズから独立する。
搭載エンジンは、パブリカと共通の2K型1,000ccと3K型1,200ccの2種で、1,200ccにはさらにシングルキャブ(68馬力)とツインキャブ(74馬力)の2種が用意されていた。
モータースポーツでは、レースをはじめ、ラリー、ジムカーナ、ダートトライアルなどに広く用いられた。
中でも、富士スピードウェイでのマイナーツーリングレースでは日産・サニー(B110型)、ホンダ・シビック(SB1型)との熾烈なバトルが繰り広げられた。
TRDからは各種の競技用部品も市販された。その他、一部のチームにスペシャルエンジンが供給された。
また日本初のワンメイクレースは1981年(昭和56年)から開始された「スターレットカップ」シリーズであり、
2000年(平成12年)に「ネッツカップ ヴィッツレース」シリーズに引き継がれたが、ビギナーにもベテランにも楽しめるレースとして人気がある。
1976年(昭和51年)2月 - マイナーチェンジと同時に昭和51年排出ガス規制を乗り切るため、改善の困難な1,000cc[注釈 4]とツインキャブ仕様を廃止、
1,200cc・64馬力のシングルキャブ仕様のみに整理、型式もB-KP51系となった。
同年9月にはATが追加(パブリカ共)された。
~ 引用 Wikipedia 引用 ~

メーカー:
レーヴコレクション
型番:
R70232
サイズ:
【スケール】 1/43
生産地:
中国
成分・材質:
レジン製 完成品

在庫管理には細心の注意を払っておりますが、万一売切れの際にはご容赦くださいますようお願い申し上げます。!

上品なスタイル 優勝 200Km 富士ビクトリー 1973年 スターレット トヨタ レーヴコレクション ミニカー # KP47 : 1,200cc Starlet TOYOTA 久木留博之 37-ミニカー・トイカー

上品なスタイル 優勝 200Km 富士ビクトリー 1973年 スターレット トヨタ レーヴコレクション ミニカー # KP47 : 1,200cc Starlet TOYOTA 久木留博之 37-ミニカー・トイカー

上品なスタイル 優勝 200Km 富士ビクトリー 1973年 スターレット トヨタ レーヴコレクション ミニカー # KP47 : 1,200cc Starlet TOYOTA 久木留博之 37-ミニカー・トイカー

PAGE TOP